デザイン脱毛のおすすめ度といっても、脱毛法はニードル法やフラッシュ、レーザーであって、あとは本人にそのひげが似合うかの問題です。

よく考えて判断しましょう。

★似合うかどうかの問題におすすめ度はない。

デザイン脱毛と呼ばれるものは、本人がそれを気に入るか、似合うかの問題です。

おすすめ度の高低を他人に問うのは、あまり意味のないことではないでしょうか。

デザイン的にひげの一部だけを残すそのやり方は、あらかじめ本人がスケッチのようなものを描いておき、施術先に行って相談する必要があります。

★デザインひげは脱毛後の手入れが面倒かも。

デザイン脱毛は、ひげの薄い人よりも濃い人のほうが、コントラストがハッキリするのでデザイン効果は高いです。

また周囲の人にどう評価されるかも大事です。

この場合、気をつけておきたいことは、施術後に脱毛したはずのひげが再生してしまったら、自分で手入れをすることになるので厄介という点です。

再生してしまったひげの位置によっては、残したデザインひげをカットしてしまう可能性もあります。

★デザインひげでも脱毛法は他と何ら変わりません。

おすすめ度は残したひげが似合うかどうかなので判断できません。

ひげそのものも、似合う人と似合わない人がいます。

自分の満足度も他人の評価によって変わってしまうものです。

施術法におすすめはあっても、似合うかどうかもわからないデザインひげに対して、おすすめ度をつけることはできません。

それよりもデザイン的な失敗をしないように、スケッチや要望を明確にしておきましょう。