3月 30
2017

ウォーキングツールとしてのポケモンGO

ポケモンGOは歩行距離でポケモンの卵を孵化させ、育成していくゲームです。

全国各地にポケモンは生息しており、地域事にポケモンの生息傾向は異なり、レアポケモンが集中している地域もあり、ポケモンの巣などは大都市に集中しています。

元々ポケモンGOで設定されているポケストップは有名な場所などを中心に設定されており、他に店舗など希望によって設置されています。

その為有名な公園など人の集まる場所の多い都市部にポケストップが集まるのは仕方ないのかもしれません。

ですが田舎であっても神社など中心にポケストップがあり、ポケモンを探しつつウォーキングする楽しみがあります。

通常のウォーキングに加え、ポケモン育成の楽しみが追加されており、外にポケモン探しに行く楽しみもありますので、ゲーム発売で外に出たという人もいます。

また定期的にキャンペーンも行われており、ポケモンの数も増加していっています。

ポケモンの卵は2km、5km、10kmと距離に合わせて孵化するポケモンが異なり、歩行距離が長い卵ほどレアなポケモンが出やすい仕様になっていますが、2kmのポケモンの卵からも良いポケモンが出やすいイベントなどもありました。

ポケモンの数は非常に多いですし、今後は対戦などの仕様も出てくるかもしれません。

イベント中はほしの砂など育成アイテムも集めやすくなっていますので、イベント中は積極的にプレイをしていきたいですね。

ポケモンGOは毎日プレイする事で初回ポケストップ、一匹目のポケモンGETで多めのアイテムを取得出来ますので、毎日一匹・チェックをしていくと地道にアイテムは溜まっていきますのでじっくりやっていきましょう。

This entry was posted in ポケモンGOの魅力について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.